JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5170・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 冷凍食品

データ
食品における微生物汚染の実態

ポリ乳酸フィルムにナイシン、EDTA、安息香酸ナトリウム(SB)、ソルビン酸カリウム(PS)、とそれらのコンビネーションを利用した抗菌フィルムを開発した。イチゴピューレに対するO157:H7に対する抗菌性をしらべたところ、上記の物質を加えたコンビネーションフィルム>SB+PSのフィルム>SB+PSを直接加える>EDTAフィルム>ナイシンフィルムの順で抗菌効果が確認できた。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escheriachia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 冷凍食品
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 原料保管
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 O157:H7の植菌試験
初発の菌数 10^(3.5)
備考 保存料の影響による増殖の不活性化
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 植菌後、10℃ 22℃で保存した。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) MacConkey sorbitol agar
増菌の条件(温度・時間) 37℃、24h
備考 ---
データ
出典情報
文献名 O157:H7の失活のための保存料を取り込んだポリ乳酸フィルムを用いた、イチゴピューレの微生物学的保存期間の延長について
英文名 Incorporation of Preservatives in Polylactic Acid Films for Inactivating Escherichia coli O157:H7 and Extending Microbiological
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.73 No.5 (812-818)
掲載年 2010
著者 Jin T Zhang H Boyd G
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |