JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5047・生物的危害 該当なし 食品 食肉製品

データ
食品における微生物汚染の実態

真空包装野菜ソーセージの乳酸菌による腐敗の検討を行った。

データ
汚染菌の性状

"得られた110株の乳酸菌内ではLeuconostoc gelidum, Leuconostoc gasicomitatum, Leuconostoc mesenteroidesが優勢だった。乳酸菌の菌数は保存後5日で103CFU/g以下、9日で10^(4.2)CFU/g,、15日で10^(7.3)CFU/g、21日で10^(8.8)CFU/g、31日で10^(9.4)CFU/gだった。"

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 該当なし
Leuconostoc
"(1) gelidum, (2) gasicomitatum, (3) mesenteroides"
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 低温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 真空包装された野菜ソーセージ
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 種々の食品原料となる液状全卵におけるサルモネラ汚染の排除
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 生産後5?31日の野菜ソーセージ総計10検体から菌をペプトン水などで嫌気条件で分離培養し、得られた菌を16Sおよび23S rRNA解析や制限酵素断片長多型法を用いて同定
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 真空包装された野菜ソーセージのロイコノストック腐敗
英文名 Leuconostoc Spoilage of Vacuum-Packaged Vegetable Sausages
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.71 No.11 (2312-2315)
掲載年 2008
著者 Vihavainen E J Murros A E Björkroth K J
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |