JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4989・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Enterobacter
sakazakii
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 乳及び乳製品
備考 乳幼児用ミルク100gにE. sakazakiiの1.2×10^(0) cfuを接種し、mLST培地で増菌後、それをさらにbrain-heart innfusin培地で培養した培養液を、LAMP法に供している。
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 移動(工場内外)
その他の概要 市販の乳幼児用粉ミルクの出荷前検査
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 乳幼児用ミルク100gにE. sakazakiiの1.2×10^(0) cfuを接種し、それをmLST培地(900ml)を用いて44℃で20時間増菌培養している。さらにこの培養液1mlをbrain-heart innfusin培地(5ml)に接種、37℃で5時間培養し、この培養液(1ml)からゲノムDNAを抽出しLAMP法に供している。
初発の菌数 1.2×10^(0) cfu/乳幼児用ミルク100gを900mlのmLST培地に加え、増菌している。
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) "mLST培地(20g tryptose, 8g lactose, 3g リン酸一水素Na, 2.5g リン酸二水素Na, 34.22g NaCl, 0.1g sodium lauryl sulfate, 5mg vancomycin /水1L)およびbrain-heart innfusin培地"
増菌の条件(温度・時間) mLST培地で44℃×20時間増菌後、その培養液をさらにbrain-heart innfusin培地で37℃×5時間培養している。
備考 ---
データ
出典情報
文献名 Loop-Mediated等温増幅法による乳児用ミルク中のEnterobacter sakazakiiの鋭敏で迅速な検出
英文名 Sensitive and Rapid Detection of Enterobacter sakazakii in Infant Formula by Loop-Mediated Isothermal Amplification Method
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.29 No.1 (83-94)
掲載年 2009
著者 Liu C Zheng W Zhang H Hou Y Liu Y
発行機関 Wiley-Blackwell


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |