JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4916・生物的危害 食品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 "Teewurst, 可塑性のある、生タイプ畜肉ソーセージ"
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 teewurstの製造時、および開封後保管時のL. monocytogenesの消長を明らかにするモデル実験
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 スライスしたteewurst表面に接種
初発の菌数 4.5 log CFU/g
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) d) 21℃"
増菌の条件(温度・時間) d)15日、1.8log ;30日、検出限界以下"
備考 ---
データ
出典情報
文献名 紅茶ソーセージ(teewurst、生タイプソーセージ)における腸管出血性大腸菌O157、リステリア、ネズミチフス菌の挙動
英文名 Behavior of Escherichia coli O157:H7, Listeria monocytogenes, and Salmonella Typhimurium in teewurst, a raw spreadable sausage
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.130 No.3 (245-250)
掲載年 2009
著者 Dourou D Porto-Fett A C S Shoyer B Call J E Nychas G-J E Illg E K Luchansky J B
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |