JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4676・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 その他

データ
食品における微生物汚染の実態

放し飼い養鶏農場の鶏の糞(34農場60群)における、Escherishia coli O157H7および志賀毒素産生大腸菌の汚染はなかった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 その他
備考 放し飼い養鶏農場の鶏の糞(34農場60群)を1群あたり30箇所(1箇所から5g以上を採取)から採取したものからサルモネラを単離・同定している。
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 放し飼い養鶏農場の鶏の糞(34農場60群)を1群あたり30箇所(1箇所から5g以上を採取)から採取したものから大腸菌O157:H7および他の志賀毒素産生大腸菌を単離・同定している。
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 放し飼い養鶏農場の鶏の糞(34農場60群)をmodified Tryptic Soy broth(mTSB)にて増菌培養したのち、磁気ビーズ法で補足し、それをO157:H7 AgarあるいはCT-SMAC培地上で培養、あるいはmTSB培養物MacConkey培地で培養し乳糖分解性コロニーを志賀毒素産生遺伝子あるいはeaeA遺伝子をターゲットにマルチプレックスPCRにて同定している。
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) modified Tryptic Soy broth
増菌の条件(温度・時間) 採取した鶏糞にmodified Tryptic Soy brothを加え、42℃の温度で、7時間、増菌培養を行っている。
備考 ---
データ
出典情報
文献名 放し飼い養鶏農場における食品由来病原菌の調査
英文名 A survey of food-borne pathogens in free-range poultry farms
雑誌名 International Journal of Food Microbiology (177-182)
掲載年 2008
著者 Esteban J I Oporto B Aduriz G Juste R A Hurtado A
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology ad Hygiene


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |