JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4598・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌,放射線照射で殺菌した腸管出血性大腸菌O157:H7はDr. Shu-I Tu (U.S. Department)より分譲されたものを使用した.
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 ホウレンソウ,実際には他に2つの食品素材(春レタス混合物および牛挽肉顆粒)と共に供試している.
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 3つの食品素材(ホウレンソウ,春レタス混合物,牛挽肉顆粒)を一緒に測定しているので,加工および調理時と判断した.
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 腸管出血性大腸菌O157:H7菌体に特異的なポリクローナル抗体を固定化したPEMC(piezpelectiric-excited millimeter-sized cantilever)センサーにより食品素材中に存在する同菌の定量的検出(非培養法)
初発の菌数 100,1000個の腸管出血性大腸菌O157:H7
備考 段階希釈法で上記菌体溶液を調製,抗体には山羊ポリクローナル抗体を使用した.
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 ホウレンソウ,春レタスミックス,牛挽肉粒子の存在下での病原性大腸菌157:H7検出のための特別の準備を不要とする手法
英文名 Preparation-Free Method for Detecting Escherichia coli O157:H7 in the Presence of Spinach, Spring Lettuce Mix, and Ground Beef P
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.11 (2651-2655)
掲載年 2007
著者 Maraldo D Mutharasan R
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |