JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4591・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品

データ
食品における微生物汚染の実態

商品の洗浄は,細菌の増殖を抑えるためにコンタミする土壌やゴミ小片を除去するために重要である.

データ
防除技術と防除効果

塩素,オゾンおよび塩素酸を含む洗浄液による洗浄は重要である,菌数はせいぜい10分の1から100分の1程度にしか減少せず,より効果的な洗浄方法の検討が望まれている.

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 "通性嫌気性菌,本研究では5株の食品などから単離した菌株を混合して接種させた.使用した菌株は13B88, G5303, C7927, 204P, EDL933である."
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 食品名は,2種類の果物であり,cantaloupe 果皮と新鮮なカットりんご(果物)を用いて,それぞれ洗浄効果を相互比較している.
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 果物であるりんごが加工調理過程でカットされ,小片化する段階での汚染を想定している.
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 大腸菌を表面接種したリンゴ小片を特別な撹拌装置内で各種洗浄液中で撹拌し,表層からどの位の供試菌が除去できるかを検討した.
初発の菌数 5種類の大腸菌の合計として約10~(8) CFU/ml
備考 上記食品から単離された5種類の大腸菌を同じ量ずつ加えて供試液は調製した.従って,それぞれの菌株はほぼ同じ量ずつ含まれていると考えられる.
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 POAA(過酢酸溶液)溶液による撹拌洗浄による殺菌
予測D値 ---
備考 下から撹拌して洗浄する系または上から撹拌して洗浄する系の特別なチャンバーを作成して,実験している.POAAの濃度は80g/Lを用いて,各種濃度,各種撹拌速度,各種時間で殺菌効果を比較検討している.
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) sorbitol MacConkey agar 培地
増菌の条件(温度・時間) 37℃,24時間
備考 ---
データ
出典情報
文献名 果実表面の病原性大腸菌O157:H7菌数の減少に及ぼす洗浄液の流速条件の効果を調べる模擬試験
英文名 Modeling of the Effect of Washing Solution Flow Conditions on Escherichia coli O157:H7 Population Reduction on Fruit Surfaces
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.11 (2533-2540)
掲載年 2007
著者 Wang H Liang W Feng H Luo Y
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |