JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4489・生物的危害 食品 食肉製品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 牛皮、牛屠殺体、牛肉
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 牛屠殺時
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 牛皮、牛屠殺体、牛肉サンプルからのListeria単離のための濃縮方法の開発
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) "一次濃縮TSBあるいはUVM、二次濃縮にFraser brothを使用、検出にListeria CDHROM, OXFORD agar"
増菌の条件(温度・時間) 検出:Listeria CDHROM agar 37℃で24時間,OXFORD agar 35℃で48時間"
備考 牛肉:193サンプルのうち、3サンプルが両方で陽性、8サンプルがどちらかで陽性であり、どちらの培地が優れているかは分からなかった。"
データ
出典情報
文献名 牛の皮および骨、肉サンプルからのリステリア単離のための迅速集積法
英文名 Rapid Enrichment Strategy for Isolation of Listeria from Bovine Hide, Carcass, and Meat Samples
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.1 (53-57 )
掲載年 2007
著者 Guerini M N Bosilevac J M Koohmaraie M
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |