JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4482・生物的危害 カンピロバクター その他

データ
食品における微生物汚染の実態

カンピロバクターに汚染された動物性食品を食べることにより、カンピロバクター症を引き起こし、その20〜40%が汚染された鶏肉の消費による。

データ
汚染菌の性状

Campylobacterは比較的乾燥に弱いとされるが、洗浄・消毒後のコンテナを12時間乾燥させても多数の遺伝子型のカンピロバクターが検出されたという報告もある。

データ
防除技術と防除効果

冷水に1〜2分浸した後に冷水をスプレーし、次に4級アンモニウムとアルデヒド、または次亜塩素酸と水酸化カリウムを主とした殺菌剤をスプレーしたコンテナからカンピロバクターが検出された。直接培養法で35サンプル中10サンプル、集積培養法で35サンプル中13サンプルで検出された。この洗浄・消毒ではカンピロバクターを除去するのに不十分と考えられる。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 カンピロバクター
Campylobacter
coli
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 嫌気性菌
最適生育温度 高温菌(31-46℃で発育)
酵素名 ---
備考 微好気性菌
データ
試験対象
対象 その他
備考 ブロイラーを食肉処理場へ輸送する際に用いる、洗浄・殺菌処理されたコンテナ
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 移動(工場内外)
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 各コンテナの拭き取りによるサンプリング後、直接培養法と集積培養法によるCampylobacter検出
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) "(1) Preston broth,(2) mCCDA培地"
増菌の条件(温度・時間) "(1) Preston broth 42℃×24時間と42℃×48時間,(2) mCCDA培地 42℃×18時間"
備考 Preston brothで42℃×24時間培養したものと48時間培養したものそれぞれの濃縮培地10 μlをmCCDAプレートに塗布
データ
出典情報
文献名 洗浄・消毒済みのコンテナで運搬後のカンピロバクター非汚染ブロイラーの外部の汚染
英文名 External Contamination of Campylobacter-Free Flocks after Transport in Cleaned and Containers
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.1 (40-46 )
掲載年 2007
著者 Rasschaert G Houf K De Zutter L
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |