JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4458・生物的危害 小型球形ウィルス(ノロウィルス) その他

データ
食品における微生物汚染の実態

人感染性のノロウイルスは、サラダのようなインスタント食品、調理済み肉、貝、焼き菓子、オレンジジュースなどを汚染している。

データ
防除技術と防除効果

3種類の有機溶媒処理によるウイルス活性の残存量が、ネズミノロウイルスは95〜104%であったのに対して、ネコカリシウイルスは85〜91%であった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 小型球形ウィルス(ノロウィルス)
---
norovirus
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 ---
グラム分類 ---
好気性・嫌気性 ---
最適生育温度 ---
酵素名 ---
備考 ノロウイルス。ただし人感染性ノロウイルスではなくネズミに対して感染性を示す。
データ
試験対象
対象 その他
備考 3種類、すなわち、クロロホルム、Freon(trichlorofluoromethane)、Vertrel XFの有機溶媒中での安定性を検討している。
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 3種類、すなわち、クロロホルム、Freon(trichlorofluoromethane)、Vertrel XFの有機溶媒にネズミノロウイルスとネコカリシウイルスを入れ、1分間撹拌、遠心で有機溶媒を除去し、安定性をRAW 264.7へ感染させ、プラーク形成量で検討している。
初発の菌数 5×105から1.15×108PFU/ml
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 環境におけるノロウイルスの安定性と不活性化の研究のための代用:ネズミノロウイルスとネコカリシウイルスの比較
英文名 Surrogates for the Study of Norovirus Stability and Inactivation in the Environment: A Comparison of Murine Norovirus and Feline
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.11 (2761-2765 )
掲載年 2006
著者 Cannon J L Papafragkou E Park G W Osborne J Jaykus L-A Vinjé J
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |