JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4408・生物的危害

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 リアルタイムPCR
初発の菌数 3×103CFU/ml
備考 抽出キット法で作製した鋳型DNAを用いた場合は、定性試験は良好であったが、ボイル法で作製した鋳型DNAを用いると定性・定量試験は不可であった。
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) 増菌培地はEB培地を、分離培地はOxfordまたはPALCAM寒天培地を使用した。
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 Light Upon Extension Fluorogenic Primer を使ったリアルタイム PCR 法による Listeria monocytogenes の検出
英文名 Detection of Listeria monocytogenes by Real Time PCR Assay Using Light Upon Extension Fluorogenic Primer
雑誌名 日本防菌防黴学会誌 Vol.34 No.6 (329-338 )
掲載年 2006
著者 樋脇弘 馬場愛 江渕寿美 宮本敬久
発行機関 日本防菌防黴学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |