JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4372・生物的危害 ブドウ球菌 食品 食肉製品

データ
食品における微生物汚染の実態

牛、豚、鶏のレバー、胃、長などの内臓肉は生のまま食用に供する場合があるが、近年食中どこの多発などにより、生食が制限され、敬遠されている。加熱殺菌は生食用の肉、魚介類には適用できない。

データ
防除技術と防除効果

"ウシのレバーの場合。400Mpa, 60分処理では菌数は1/70に減少し、400Mpa, 60分処理 10回繰り返しでは完全に殺菌された。300Mpa, 90分処理では1/70に減少し、300Mpa, 5分処理 6回繰り返しでは1/15000に減少した。"

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 ブドウ球菌
Staphylococcus
aureus
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 内臓肉:牛レバー、ミノ、センマイ、シマ腸、鶏レバー、砂肝
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 静水高圧処理
初発の菌数 1.4 x106 (牛レバーに菌を接種)
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 "(1) 1.0×104,(2) 検出されず"
その他の殺菌条件 "1) 400Mpa, 60分, (2) 400Mpa, 60分を10回繰り返し"
予測D値 ---
備考 ウシのレバーの場合。300Mpa、600Mpaでも試行。その他の肉の場合も同様の3段階の圧力で、処理時間、繰り返し回数を変えて試行。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 高圧処理を利用した家畜内臓肉の殺菌
英文名 Sterilization of Livestock Visceral Meat by High Pressure Treatment
雑誌名 日本食品科学工学会誌 Vol.53 No.12 (651-654 )
掲載年 2006
著者 上中登紀子 森孝夫 藪野裕次郎 鷲見桂一郎
発行機関 日本食品科学工学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |