JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報4004・生物的危害 食品 水産加工品

データ
食品における微生物汚染の実態

原料エビ、エビの皮、運搬器機(コンベヤーベルト、ファークリフトなど)、使用器機・器具・容器、床、排水溝、壁、間仕切り、屋外、空気、従事者、半製品、最終製品、計695サンプルの陽性率はListeria monocytogenesが11.2%(78サンプル)、Listeria spp.が12.5%(87)であった。半製品、最終製品からは両菌とも検出されなかった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 水産加工品
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ---
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 ふたつの加工工場における調理剥きエビのリステリア菌による汚染
英文名 Contamination of Cooked Peeled Shrimp (Pandalus borealis) by Listeria monocytogenes during Processing at Two Processing Plants
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.6 (1304-1311)
掲載年 2006
著者 Gudmundsdóttir S Gudbjörnsdóttir B Einarsson H Kristinsson K G Kristjánsson M
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |