JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3905・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品

データ
食品における微生物汚染の実態

ブラックベリーは皮が柔らかいので,たくさんの窪みや髪の毛のような隆起ができて破裂しやすい.そのため,カビが繁殖しやすい.検査したブラックベリーの22%がPenicilliumに汚染されていた.その汚染レベルは0から50%だった.

データ
汚染菌の性状

Penicilliumはアレルギーの原因となる場合がある.

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Penicillium
---
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 ---
グラム分類 ---
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 ---
酵素名 ---
備考 ---
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 食品(果実)
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 小売・バックヤード
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 スーパーで無傷のブラックベリーをパッケージ(6 oz)で購入した.そのうち50 gを無菌的に1000 mlフラスコに移し,綿栓をした.フラスコに市販のブリーチ剤(滅菌水で10倍希釈したもの)を加えて攪拌し,2分間表面を消毒した.脱水した後,室温で2週間培養した.生えてきた菌をPDA培地に接種して単離した.
初発の菌数 ---
備考 汚染レベル(%)=(汚染されていたサンプルの個数/各サンプルの全個数)×100
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 市販のブリーチ剤とともに2分間,攪拌.
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) "PDA, CYA, MEA, G25N"
増菌の条件(温度・時間) "5, 25, 37℃"
備考 ---
データ
出典情報
文献名 新鮮なイチゴ、ブドウ、カンキツ属の果物中のカビと酵母のフローラ
英文名 Mould and yeast flora in fresh berries, grapes and citrus fruits
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.105 No.1 (2013/11/17)
掲載年 2005
著者 Tournas V H Katsoudas E
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |