JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3871・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品

データ
食品における微生物汚染の実態

加工工程の少ない果物や野菜の消費が増加しており,それが食品を媒体とする病原菌の発生を増加させている.実際に生の果物や野菜が関連した病原菌のヒトへの感染は近年増加している.トマトではSalmonella属菌の感染が多い.トマトはしばしば汚染されたタンクで洗浄され水温がトマトより低い場合は病原菌の内在化を招く.さらに包装工場での洗浄が不十分なことが多い.

データ
防除技術と防除効果

切断したトマトとトマトの茎に電子ビームを照射して4℃で最大15日保存後,Salmonella MontevideoとSalmonella Agonaの数を計測したところ,有意に低下した (P<0.05) .酵母は照射に対してより耐性があった.照射処理後4℃で保存したところ,照射したものもしないものも酵母の数は上昇した.4℃での保存では低温による増殖の抑制は起こらなかった.

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
乳酸菌
---
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 嫌気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 Salmonella属菌を接種して培養したサンプルを用いて,種を特定せず,培地によって選択的に乳酸菌を検出した.
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 ワックスがけや消毒処理されていない完熟ローマトマトをスーパーマーケットで購入し,サンプルとした.サンプルはの茎の切り口を取り除き,切り刻んだものをプラスチック容器に敷き詰め,病原菌を接種した.
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 汚染された水で洗浄されたトマトを電子ビームによって殺菌処理した.さらに包装し,4℃で保存することを想定した.
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ---
初発の菌数 ---
備考 上記の濃度の菌液2 mlとタッパーに詰めたトマト切片をよく攪拌し,トマトにSalmonella属菌を感染させた.
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 電子ビーム (放射量;0.7 及び0.95 kGy)
予測D値 ---
備考 電子ビームを照射後は4℃で保存した.乳酸菌はトマトの実の切片よりも茎部分の方が多く存在していた.実切片の菌数はコントロールで3.9±1.1 log CFU/gであったのに対して0.7, 0.95 kGyの照射を行ったものはそれぞれ2.6±1.86 , 1.1±0.67 log CFU/gであった.茎部分ではコントロール4.0±0.48 log CFU/gに対し,0.7, 0.95 kGy処理はそれぞれ4.3±1.13, 2.9±0.80 CFU/gであった.
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) 0.1% peptone water, 10%酒石酸でpH4.0に調製したdeMan Rogosa Sharpe agar (MRS) にall-purpose Tween agarを重層した培地
増菌の条件(温度・時間) 35℃, 3-5日間
備考 トマトの実及び茎の部分を0.1% peptone water中で破砕し,適度に希釈したものをMRSまいて培養し,菌数を計測した.
データ
出典情報
文献名 低線量電子ビーム照射による新鮮なカットトマトの微生物学的品質と安全性の向上
英文名 Improving the Microbiological Quality and Safety of Fresh-Cut Tomatoes by Low-Dose Electron Beam Irradiation
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.3 (575-581)
掲載年 2006
著者 Schmidt H M Palekar M P Maxim J E Castillo A
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |