JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3862・生物的危害 食品 食肉製品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 普通のローストビーフと香辛料で調味したローストビーフを試料として使用
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 クエン酸で酸性にした亜塩素酸ナトリウム溶液でローストビーフを処理後,生残菌数を測定
初発の菌数 106
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 クエン酸でNaClO2を酸性(pH2.62)にした酸性化亜塩素酸(ASC)溶液にローストビーフを30秒間浸漬または同溶液を30秒間スプレー
予測D値 ---
備考 L.monocytogenesの菌数はOxford培地で37℃,48時間培養後,計数。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 調理済みローストビーフ表面におけるリステリアの増殖阻止のための酸性亜塩素酸ナトリウム処理
英文名 Acidified Sodium Chlorite Treatment for Inhibition of Listeria monocytogenes Growth on the Surface of Cooked Roast Beef
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (432-435)
掲載年 2006
著者 Beverly R L Janes M E Oliver G
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |