JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3842・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品

データ
防除技術と防除効果

"A.hydrophila NTCC8049のチーズ中での誘導期と世代時間は,Myzithraの場合4℃で各々73.2hおよび18.3h,12℃で各々13.2hおよび3.7h, Anthotyrosの場合4℃で各々123.0hおよび19.3h,12℃で各々34.3hおよび4.1h, Manouriの場合, 4℃で発育せず,12℃で各々28.2hおよび8.0h"

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Aeromonas
hydrophila
strain No. NTCC8049とその他食品由来株1株
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌(低温下でも発育可)
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 乳及び乳製品
備考 チーズ
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 移動(工場内外)
その他の概要 輸送と貯蔵
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 生菌数測定
初発の菌数 3.0-5.0×102
備考 Brain Heart Infusion Brothで培養した菌を接種
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 生菌数測定は,Starch Ampicillin Agarで寒天塗沫法で集落を形成させた後,ルゴール溶液を滴下し, amylase陽性集落のみを計数
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 4℃と12℃で保存中における乳清チーズMyzithra、Anthotyrosおよび ManouriでのAeromonas hydrophilaの増殖
英文名 Growth of Aeromonas hydrophila in the Whey Cheeses Myzithra, Anthotyros, and Manouri during Storage at 4 and 12℃
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (308-314)
掲載年 2006
著者 Papageorgiou D K Melas D S Abrahim A Angelidis A S
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |