JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3840・生物的危害 サルモネラ 食品 清涼飲料水

データ
防除技術と防除効果

"クランベリ-果汁無添加:初発菌数7.9( LogCFU/ml)であったものが,加温(45℃,2時間)後には4.3, 加温後,凍結(-20℃,24時間)・解凍(5℃,24時間)後には1.2となったものが,15%クランベリー果汁添加した場合には,初発菌数7.9であったものが,加温(45℃,2時間)後には2.5, 加温後,凍結(-20℃,24時間)・解凍(5℃,24時間)後には0となった。"

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 サルモネラ
Salmonella
enterica
strain No. "Typhimurium S9, Enteritidis E40, Rubislaw CDC F2833, Graminara CDC H0662, Hartford CDC 0778"
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 清涼飲料水
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 生残菌数測定
初発の菌数 108 CFU/ml
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 クランベリー果汁添加後,加温および加温・凍結解凍
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 未殺菌リンゴサイダー中の病原菌の減少:クランベリージュース添加が加温保持および凍結・解凍による死滅率の増強
英文名 Pathogen Reduction in Unpasteurized Apple Cider: Adding Cranberry Juice To Enhance the Lethality of Warm Hold and Freeze-Thaw St
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (293-298)
掲載年 2006
著者 Ingham S C Schoeller E L Engel R A
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |