JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3668・生物的危害 カンピロバクター その他

データ
食品における微生物汚染の実態

同菌やサルモネラ菌は広く家禽類も汚染している。従って、加熱不十分の家禽肉の消費や、他の食品との家禽肉との接触によるコンタミが問題である。また、汚染の実態としては、不十分な殺菌牛乳や未加熱の飲料水にも有り、注意が必要である。

データ
汚染菌の性状

国内に生息する動物は、同菌およびサルモネラ菌の良い保存体とも考えられる。家畜生産現場で使用される抗生物質の耐性菌の出現が心配されている。ヒトにも家畜と同じような抗生物質が使用されると事態は深刻である。最悪のシナリオは、多剤耐性株の出現と、治療困難な事態である。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 カンピロバクター
Campylobacter
jejuni
strain No. ATCC 33560(標準株として使用)
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 嫌気性菌
最適生育温度 高温菌(31-46℃で生育)
酵素名 ---
備考 微好気性菌
データ
試験対象
対象 その他
備考 試験対象は、スウェーデン国内で観察される野鳥の糞尿が対象である。
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 健康で普通に飛んでいる野鳥の腸管内容物などに存在する同菌に試験が想定される。
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 培養法
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) "0.2IU/mlのチミジンリン酸塩を添加したMueller Hinton-II 液体培地(MH-II, Sigma T7006)"
増菌の条件(温度・時間) 37℃で24時間(80-100回転)
備考 "菌はMH-II培地中で増菌。この培地で増菌性が低い場合に限って、heart infusion (HI)液体培地(Difco, 238400)を用いた。"
データ
出典情報
文献名 スウェーデンの野鳥から分離されたカンピロバクター・ジェジュニの抗生物質耐性パターン
英文名 Antimicrobial Resistance Profiles of Campylobacter jejuni Isolates from Wild Birds in Sweden
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.5 (2438-2441)
掲載年 2005
著者 Waldenström J Mevius D Veldman K Broman T Hasselquist D Olsen B
発行機関 The American Society for Microbiology


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |