JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3633・生物的危害 その他

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 その他
備考 家畜糞便
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 その他
その他の概要 家畜糞便の牧草地などへの処分
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 糞便への菌の接種
初発の菌数 1X10^(6)CFU/g
備考 糞便排泄後72時間以内のサンプル及び畜舎汚水を集め、菌を接種したものを牧草地へおき、6ヶ月間に渡り菌数の変化を、おいた地点の表層15センチ以内の土壌サンプルで評価する。
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 牧草地における家畜廃棄物の中の病原体の消長
英文名 Fate of Pathogens Present in Livestock Wastes Spread onto Fescue Plots
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.2 (691-696)
掲載年 2005
著者 Hutchison M L Walters L D Moore T Thomas D J I Avery S M
発行機関 The American Society for Microbiology


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |