JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3612・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157

データ
食品における微生物汚染の実態

"ソルビトール非発酵性、β-グルクロニダーゼ陰性の大腸菌(=病原性大腸菌O157:H7など)は世界の種々の地域から分離されたものであっても、同一祖先をもつクローンである可能性が高い。ソルビトール非発酵性、β-グルクロニダーゼ陰性の大腸菌(=病原性大腸菌O157:H7)は、本研究での遺伝子タイピングにより、2つの大きな系統(linage 1, linage 2)に分別できることが明らかとなった。"

データ
汚染菌の性状

"

データ
防除技術と防除効果

"これまでも、病原性大腸菌O157:H7を2つの大きな系統(linage 1, linage 2)に分別できることは知られていた。しかし、これまでの遺伝子タイピング法では労力、時間を要した。本研究で開発した遺伝子タイピング法では簡便に2系統の分別が可能である。本タイピング技術は病原性大腸菌O157:H7株のモニタリングの簡便化を可能とし、食中毒防除に貢献するであろう。"

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 ---
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 ---
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ---
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 牛の飼育環境とヒトの臨床サンプルからのソルビトール非発酵性、β−グルクロニダーゼ陰性の腸管出血性大腸菌O157共通の亜集団の同定
英文名 Identification of Common Subpopulations of Non-Sorbitol-Fermenting, ß-Glucuronidase-Negative Escherichia coli O157:H7 from Bovin
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.70 No.11 (6846-6854)
掲載年 2004
著者 Yang Z Kovar J Kim J Nietfeldt J Smith D R Moxley R A Olson M E Fey P D Benson A K
発行機関 The American Society for Microbiology


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |