JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3427・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品

データ
食品における微生物汚染の実態

生乳を低温長時間殺菌した後の一般細菌は1.55×10^(3)?2.63×10^(4)CFU/mlの間であり,平均は1.05×10^(4)CFU/mlであった。中温好気性芽胞形成菌は3?48 CFU/mlの間で、平均は17 CFU/mlであった。またバシルス属の細菌を計測したところ、<10から50 CFU/mlで、平均で10 CFU /mlであった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Bacillus
mycoides
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 胞子
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 乳及び乳製品
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 種々殺菌法による芽胞菌の活性化の調査を行った。
初発の菌数 3〜48 CFU/ml
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 (1) 63℃× 30分、(2) 72℃× 15秒、(3) 76℃× 15秒、(4) 82℃× 30分
そのときの菌数 "(1) 0 days: <1, 14 days at 6℃: 2.75×10^(1), 14 days at 10℃: 1.20×10^(6)、(2) 0 days: 7.59×10^(1), 14 days at 6℃: 2.57×10^(1), 14 days at 10℃: 1.17×10^(6)、(3) 0 days: 7.94×10^(1), 14 days at 6℃: 2.95×10^(1), 14 days at 10℃: 1.91×10^(6)、(4) 0 days: <1, 14 d
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) 好気性菌計数用ペトリフィルム
増菌の条件(温度・時間) 32℃× 48時間
備考 ---
データ
出典情報
文献名 牛乳中のバシラス芽胞の活性化に対する加熱処理の影響
英文名 Effect of Heat Treatment of Milk on Activation of Bacillus Spores
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.7 (1484-1486)
掲載年 2005
著者 Hanson M L Wendorff W L Houck K B
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |