JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3262・化学的危害

データ
防除技術と防除効果

オクラトキシンAは水分活性が0.80の状態では検出されなかった。また、温度は水分活性の値にもよるものの、低温の方が良く、10℃では検出されなかった。

データ
危害の種類

化学的危害

データ
試験対象
対象 ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 照射された未熟なコーヒー豆におけるAspergillus ochraceustから単離された菌糸体の増殖とオクラトキシンA産生における水分活性と温度の影響
英文名 Effect of Water Activity and Temperature on Mycelial Growth and Ochratoxin A Production by Isolates of Aspergillus ochraceus on
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.1 (133-138)
掲載年 2005
著者 Pardo E Marín S Ramos A J Sanchis V
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |