JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3222・化学的危害 食品

データ
食品における微生物汚染の実態

白ワインよりも赤ワインでオクラトキシンAが頻繁に検出された。スペインとアルゼンチン産の赤ワインで最も高濃度のオクラトキシンAが検出された。ビール中のオクラトキシンA量には産生国による差は見られなかった。 

データ
危害の種類

化学的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 世界各国からの赤・白ワインとビール
データ
出典情報
文献名 発光ダイオード検出器を用いた高速液体クロマトグラフィーとガスクロマトグラフィー質量分析によるワインとビール中のオクラトキシンAの測定法
英文名 Assay of Ochratoxin A in Wine and Beer by High-Pressure Liquid Chromatography Photodiode Array and Gas Chromatography Mass Selec
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.49 No.6 (2733-2740)
掲載年 2001
著者 Soleas G J Yan J Goldberg D M
発行機関 American Chemical Society


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |