JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3205・化学的危害

データ
食品における微生物汚染の実態

HPLCとの測定結果の比較をするために、天然の穀物中のアフラトキシンの存在量が示されているが、穀物サンプルの危害の程度を評価するためのものではないため汚染の実態を反映しているとはいえない。

データ
危害の種類

化学的危害

データ
試験対象
対象 ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 穀粒のなかのアフラトキシン定量のための蛍光偏光測定法(FP)の開発
英文名 Development of a Fluorescence Polarization Assay for the Determination of Aflatoxins in Grains
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.50 No.11 (3116-3121)
掲載年 2002
著者 Nasir M S Jolley M E
発行機関 American Chemical Society


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |