JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報3194・化学的危害

データ
危害の種類

化学的危害

データ
試験対象
対象 ---
備考 穀物にゼアラレノン、トリコテセンあるいはフモニシン生産菌を接種し、それらにマイコトキシンを生産させた試料を用いて分析を行っている。
データ
出典情報
文献名 フザリウム菌株による毒素の2次代謝産物の液体クロマトグラフィーによる定量
英文名 Liquid chromatographic determination of toxigenic secondary metabolites produced by Fusarium strains
雑誌名 Journal of Chromatography A Vol.955 No.1 (245-256)
掲載年 2002
著者 MateoJ J Mateo R Hinojo M J Llorens A Jiménez M
発行機関 Elsevier


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |