JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報280・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 その他

データ
食品における微生物汚染の実態

野菜、果実類は生育時に土壌や灌漑用水中に存在する細菌で汚染されている。さらに収穫後の保存や運搬中にも増加する。カット野菜は生食されることが多いが、細菌の繁殖しやすい食品である。

データ
防除技術と防除効果

調理前に洗浄することで付着細菌数を減らす。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
---
---
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 ---
グラム分類 ---
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 ---
酵素名 ---
備考 一般生菌、大腸菌群、通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 その他
備考 野菜、果実
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 野菜、果実の洗浄による細菌除去
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 洗浄方法と生菌数の関係
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 洗浄回数、洗浄水量、洗剤の使用の影響
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 野菜・果実類の洗浄に関する文献紹介 II 細菌の洗浄除去
英文名 ---
雑誌名 フードケミカル Vol.8 No.2 (82‐91)
掲載年 1992
著者 戸張真臣 佐藤孝逸 西田あつし
発行機関 食品化学新聞社


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |