JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報1648・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Listeria
monocytogenes
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 ---
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 つぎの5菌種の混合物を用いた; Scott A (serotype 4), V7 (type 1), and three sausage isolates, LM-101M (type4), LM-102M (type 1), and LM-103M (type 1).
データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 ・試験対象:ground beef roast(Moisture; 70.0%)\n
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 牛挽肉に菌を接種し、耐熱性を計測
初発の菌数 107
備考 tryptose broth(TP)で培養した菌を遠心後、牛挽肉に接種し、加熱
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ・加熱温度(1)54.4度(2)57.2度(3)60度(4)62.8度・併用処理:脂肪10%
予測D値 (1)19.3分\n(2)17.6分\n(3)3.5分\n(4)2.82分
備考 加熱後生菌数計測培地:Lithium chloride-phenyl ethanol-moxalactam(LPM) agar
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 Listeria monocytogenesの牛肉およびfermented beaker sausageにおける熱不活性化速度
英文名 Rate of thermal inactivation of Listeria monocytogenes in beef and fermented beaker sausage
雑誌名 J Food Prot Vol.54 No.5 (334-337)
掲載年 1991
著者 Schoeni, J.L., Brunner, K., Doyle, M.P.
発行機関 International association for Food protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |