JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報112・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他 水産加工品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
---
---
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 ---
グラム分類 ---
好気性・嫌気性 ---
最適生育温度 ---
酵素名 ヌクレオシドホリホラーゼ、キサンチンオキシダーゼ
備考 ---
データ
試験対象
対象 その他
備考 鮮度の指標であるK値をヌクレオシドホリホラーゼとキサンチンオキシダーゼの酵素を用いてK値計測器を、においセンサとしてはTMA連続計測微生物センサ、生菌数の測定に生菌数センサを用いる紹介である。また、これらの値と魚肉抽出液の緩衝能力及び筋肉の熱収縮度を用いて鮮度を5角形で示す方法を提示している。
データ
出典情報
文献名 バイオセンサによる水産物の安全性の評価
英文名 ---
雑誌名 HACCP Vol.3 No.4 (61‐69)
掲載年 1997
著者 渡辺悦生
発行機関 鶏卵肉情報センタ-


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |