JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





加工後MA包装したリンゴの貯蔵寿命を長くするための天然抗菌物質の効能

データ
文献番号 6756
文献名 加工後MA包装したリンゴの貯蔵寿命を長くするための天然抗菌物質の効能
英文名 Efficacy of natural antimicrobials to prolong the shelf-life of minimally processed apples packaged in modified atmosphere
雑誌名 Food Control Vol.46 (403–411)
掲載年 2014
著者 Lorenzo Siroli, Francesca Patrignani, Diana I. Serrazanetti, Giulia Tabanelli, Chiara Montanari, Silvia Tappi, Pietro Rocculi, F
発行機関 EFFoST & IUFoST
概要

MA包装された角切りリンゴの保存のため天然の抗菌剤の使用を検討した。酵母、乳酸菌、病原菌は、全てのサンプルで35日間の貯蔵期間中5 log CFU/g以下だった。特に2-(E)ヘキセナールとヘキサナールの組合せが、菌の増殖抑制のほか、色合い、硬さで最も良い結果を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

天然抗菌剤を用いてMA包装した角切りリンゴの保存性を検討した。酵母数は試験した全てのサンプルで35日後も5 log cuf/g以下であった。特に2-(E)-ヘキセナール/ヘキサナール、ヘキサナール/シトラル、シトロンE0/シトラルの組み合わせが酵母の増殖を良く抑えた。乳酸菌は3.7 log cuf/g以下であり、病原菌は検出されなかった。また、色合いや硬さを考慮すると、2-(E)-ヘキセナール/ヘキサナールの組み合わせがMA包装した角切りリンゴの保存には最も適していると考えられた。

危害情報 危害情報5896・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |