JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





青果物と生鮮野菜における超音波処理を用いた汚染菌の除去

データ
文献番号 6751
文献名 青果物と生鮮野菜における超音波処理を用いた汚染菌の除去
英文名 Decontamination by ultrasound application in fresh fruits and vegetables
雑誌名 Food Control Vol.45 (36–50)
掲載年 2014
著者 Jackline Freitas Brilhante de São José, Nélio José de Andrade, Afonso Mota Ramos, Maria Cristina Dantas Vanetti, Paulo César Str
発行機関 EFFoST & IUFoST
概要

超音波処理もしくは他の抗菌剤との併用により、果物と野菜に存在する汚染菌の高い減少効果が認められた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

超音波処理による果物と野菜に存在する汚染菌の減少効果は、細胞壁の損傷と酵素の不活性化により引き起こされることが示唆され、超音波処理技術は、食品の品質と安全を保証できる現実的な技術と考えられ、さらなる例証の蓄積と検証が期待される。

危害情報 危害情報5936・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |