JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ガス置換包装によるタイセイヨウサケ中の微生物の抑制

データ
文献番号 6743
文献名 ガス置換包装によるタイセイヨウサケ中の微生物の抑制
英文名 Limited microbial growth in Atlantic salmon packed in a modified atmosphere
雑誌名 Food Control Vol.42 (29-33)
掲載年 2014
著者 David Milne, Shane M. Powell
発行機関 EFFoST & IUFoST
概要

アトランティックサーモンのフィレを96%CO2でガス置換包装し、1℃未満で38日間貯蔵した。誘導期は中温菌で15日、低温菌10日で、25日貯蔵で低温菌は107 CFU/g、中温菌は105 CFU/g、30日ではどちらも108 CFU/gに達した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

アトランティックサーモンのフィレを96%CO2でガス置換包装し、1℃未満で38日間貯蔵し、低温菌、中温菌の生菌数を10℃および20℃培養で測定した。また、分離株の同定を16S rDNAクローンライブラリーを用いて行った。誘導期は中温菌で15日、低温菌10日で、25日貯蔵で低温菌は10^(7) CFU/g、中温菌は10^(5) CFU/g、30日ではどちらも10^(8) CFU/gに達した。貯蔵開始時には優勢菌として、PseudomonasとStaphylococcusが認められたが、21日、31日貯蔵後の優勢菌はPseudomonasのみであった。

危害情報 危害情報5899・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |