JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の安全リスクにつながる新たな初期シグナル:過去の事例を基にした将来のリスク認定

データ
文献番号 6730
文献名 食品の安全リスクにつながる新たな初期シグナル:過去の事例を基にした将来のリスク認定
英文名 Early signals for emerging food safety risks: From past cases to future identification
雑誌名 Food Control Vol.39 (75-86)
掲載年 2014
著者 F.J. van de Brug, N.B. Lucas Luijckx, H.J. Cnossen, G.F. Houben
発行機関 EFFoST & IUFoST
概要

本研究では遡及的に13件の歴史的の食の安全事例を検討し、それらの初期シグナルの特徴を解析した。初期シグナルと事例間の時間的間隔を評価し、概念的な食の安全ハザードモデルを作製した。スマート情報システムと、その利用による結果を提示する。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究では遡及的に13件の歴史的の食の安全事例を検討し、それらの初期シグナルの特徴を解析した。初期シグナルと事例間の時間的間隔を評価し、新たなリスク同定の支援システムと名付けた概念的な食の安全ハザードモデルを作製した。スマート情報システムと、その利用による結果を提示する。本システムの利用により、リスクマネージャーはシナリオを開発し、新たなリスクの発生に影響する対策を進めることが可能となると考えられる。

危害情報 危害情報5945・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |