JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の安全性検査の限界:牛端切れ肉のEscherichia coli検査の事例研究

データ
文献番号 6728
文献名 食品の安全性検査の限界:牛端切れ肉のEscherichia coli検査の事例研究
英文名 The limits of food safety testing: A case study of Escherichia coli testing of beef trim
雑誌名 Food Control Vol.38 (227-234)
掲載年 2014
著者 Peyton Ferrier, Jean C. Buzby
発行機関 EFFoST & IUFoST
概要

食品の安全性検査の限界:牛端切れ肉を例に、工程管理と選抜排除の役割によって検査がどのように食品の安全性を向上させるかを調査した。工程管理は食品の安全性を向上させるための投資に影響し、選抜排除は健康成果に直接影響を及ぼす。本文献では、それら2つの役割を比較対比する。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

工程管理と選抜排除の効果は、互いに反対の効果をもたらすことがある。食品の安全性に関する投資や検査方法、病原菌を検出するための検査頻度、サンプル数などの影響により、企業の負担は増加する。HACCPにおける管理では、両役割を考慮して、ポイントとなる部分の検査方法や検査数、検査頻度をより効率的に改善でき、食品の安全性の向上が図れるかもしれない。それら2つの役割を知ることで、費用と効果のバランスを取れた計画が実行できる可能性がある。

危害情報 危害情報5894・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |