JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





低ナトリウム乳製品に使用するための抗菌物質と食塩代替品の評価

データ
文献番号 6725
文献名 低ナトリウム乳製品に使用するための抗菌物質と食塩代替品の評価
英文名 Evaluation of Antimicrobials and Salt Replacers for Use in Low-Sodium Dairy Products
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.35 No.1 (32-40)
掲載年 2015
著者 Tiffany M. Taylor and Amanda A. Lathrop
発行機関 Wiley Periodicals, Inc.
概要

食塩の代替品と抗菌物質の組合せで、チーズでの汚染菌に対する効果を比較評価した。8種類の抗菌物質単独あるいは6種の食品代替品との組合せで検討した。発酵物C、D、アルギニンラウリン酸とラクトペルオキシダーゼがリステリア菌、サルモネラ菌および腸管出血性大腸菌の生育を完全に阻害した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食塩の代替品と抗菌物質の組合せで、チーズでの汚染菌に対する抑制効果を比較評価した。リステリア菌、サルモネラ菌および腸管出血性大腸菌の生育を完全に阻害した。とくに未殺菌乳を使用するフランスのAOCチーズなどでは、リステリア菌汚染などもあり得るので、HACCPの視点からも重要である。

危害情報 危害情報5947・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |