JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





レタスへの収穫前のキトサンとティーツリーの精油使用のレタス常在微生物叢と添加したEscherichia coli O157:H7の収穫後増殖への効果

データ
文献番号 6724
文献名 レタスへの収穫前のキトサンとティーツリーの精油使用のレタス常在微生物叢と添加したEscherichia coli O157:H7の収穫後増殖への効果
英文名 Effect of Preharvest Application of Chitosan and Tea Tree Essential Oil on Postharvest Evolution of Lettuce Native Microflora an
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.34 No.4 (353-360)
掲載年 2014
著者 M.G. Goñi, B. Tomadoni, S.I. Roura and M.R. Moreira
発行機関 Wiley Periodicals, Inc.
概要

キトサンとティーツリーから抽出した精油が、レタスの常在細菌叢や外部由来の腸管出血性大腸菌O157:H7の増殖抑制に有効かどうか研究を行った。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

消費者は食品に対しては可能な限り化学物質を使用しないことを望んでいる。そこで天然の抗菌物質に対する要求度が高くなっている。キトサンとティーツリーから抽出した精油は、化学抗菌薬の代替になる可能性がある。ここでは、この二つの天然抗菌物質がレタスの収穫前の抗菌薬として使用できるかを検討した。その結果、キトサン溶液はレタスの常在微生物や外部から接種された大腸菌の増殖抑制に、化学抗菌薬の代替品として効果があることが判明した。一方、ティーツリーから抽出した精油は効果が少ないことが判明した。

危害情報 危害情報5862・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |