JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ブロイラー肉におけるCampylobacter属のコロニー形成に対する、天然植物エキスであるチモールとカルバクロールの有効性

データ
文献番号 6723
文献名 ブロイラー肉におけるCampylobacter属のコロニー形成に対する、天然植物エキスであるチモールとカルバクロールの有効性
英文名 The Efficacy of the Natural Plant Extracts, Thymol and Carvacrol against Campylobacter Colonization in Broiler Chickens
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.34 No.4 (321-325)
掲載年 2014
著者 K. Arsi, A.M. Donoghue, K. Venkitanarayanan, A. Kollanoor-Johny, A.C. Fanatico, P.J. Blore and D.J. Donoghue
発行機関 Wiley Periodicals, Inc.
概要

数日齢のひよこを育成する際に、植物の成分であるチモール、またはカルバクロルを飼料や水と混ぜて摂取させると、カンピロバクターへの抵抗性が高まるという内容。今後はマイクロカプセルを用いた摂取方法を検討したい。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

数日齢のひよこを育成する際に、植物の成分だあるチモール、またはカルバクロルを飼料や水と混ぜて摂取させると、カンピロバクターへの抵抗性が高まるという内容。0.25%もしくは2%チモール含有、あるいは1%カルバクロル含有、あるいはチモールとカルバクロル両方を0.5%ずつ含有させた飼料を与えることによって効果がみられた(p<0.05)。今後はマイクロカプセルを用いた接種方法を検討したい。

危害情報 危害情報5942・生物的危害 カンピロバクター その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |