JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





全卵液の超低温殺菌代替物としてのパルス電界処理、温和な熱処理、精油の組合せ

データ
文献番号 6714
文献名 全卵液の超低温殺菌代替物としてのパルス電界処理、温和な熱処理、精油の組合せ
英文名 Combination of pulsed electric fields, mild heat and essential oils as an alternative to the ultrapasteurization of liquid whole
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.189 (119-125)
掲載年 2014
著者 Laura Espina, Silvia Monfort, Ignacio Álvarez, Diego García-Gonzalo, Rafael Pagán
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

パルス電界と熱と精油による処理を併用した全卵液の殺菌処理効果を検討した。同処理でSalmonella SenftenbergとListeria monocytogenesが104分の1に減少した。レモンの精油追加でパルス電界と熱での処理の効果が増強した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

パルス電界と熱と精油による処理を併用した全卵液の殺菌処理効果を検討した。同処理でSalmonella SenftenbergとListeria monocytogenesが10^(4)分の1に減少した。レモンの精油追加でパルス電界と熱での処理の効果が増強した。処理全卵液から調理したスポンジケーキとオムレツ官能分析の結果では、レモン精油の結果が特に良好だった。以上の結果は、パルス電界と熱とレモン精油による処理が全卵液の微生物学的安全性の確保に有用であることを示す。

危害情報 危害情報5902・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |