JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食中毒微生物と食品汚染微生物の生育に与えるシロガラシ製油の効果とその効果に与える食品成分の影響

データ
文献番号 6685
文献名 食中毒微生物と食品汚染微生物の生育に与えるシロガラシ製油の効果とその効果に与える食品成分の影響
英文名 Effect of White Mustard Essential Oil on the Growth of Foodborne Pathogens and Spoilage Microorganisms and the Effect of Food Co
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.77 No.12 (2062-2068)
掲載年 2014
著者 Monu, Emefa A.; David, Jairus R. D.; Schmidt, Marcel; Davidson, P. Michael
発行機関 International Association for Food Protection
概要

4-ヒドロキシベンジルイソチオシアネート(4-HBITC)を含むシロガラシ製油の抗菌効果は、サルモネラ等の種々の食中毒微生物および食品汚染微生物に対して抗菌効果を有することが示された。また、その効果はカゼインナトリウムや大豆油によってやや阻害されることも確認された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

シロガラシ製油は抗菌活性を有する4-HBITCを含むが、その抗菌活性の詳細についてはあまり知られていない。そこで本研究では、培地中における各種食中毒微生物および食品汚染微生物(サルモネラ、大腸菌、黄色ブドウ球菌、リステリア、セレウス菌、腸内細菌、乳酸桿菌および分裂酵母)に対するシロガラシ製油の抗菌効果を検証した。結果、8.3 g/L シロガラシ製油の添加で検出限界以下まで生育抑制効果を確認した。また、その効果はポテトデンプンによっては影響を受けないが、カゼインナトリウムおよび大豆油によって減少することが示された。

危害情報 危害情報5898・生物的危害 サルモネラ 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |