JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





超音波及び微酸性電解水を併用処理した玄米におけるセレウス菌増殖のモデリング

データ
文献番号 6683
文献名 超音波及び微酸性電解水を併用処理した玄米におけるセレウス菌増殖のモデリング
英文名 Modeling of Bacillus cereus Growth in Brown Rice Submitted to a Combination of Ultrasonication and Slightly Acidic Electrolyzed
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.77 No.12 (2043-2053)
掲載年 2014
著者 Tango, Charles Nkufi; Wang, Jun; Oh, Deog Hwan
発行機関 International Association for Food Protection
概要

玄米に超音波及び微酸性電解水の併用処理を行うことにより、セレウス菌の感染防止と増殖抑制効果について解析を行った。その結果、併用処理を行うことで、セレウス菌を効果的に減少した。また、今回の解析で得られたセレウス菌増殖モデルを活用することでリスク評価が可能となった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

玄米に超音波及び微酸性電解水の併用処理を行うことにより、セレウス菌の感染防止と増殖抑制効果について解析を行った。その結果、各々の単独処理を行った場合では、超音波処理のみを行うとセレウス菌は2.53 log CFU/ml減少した。また、微酸性電解水処理のみを行うとセレウス菌が1.94 log CFU/ml減少した。一方、併用処理を行うとセレウス菌は3.29 log CFU/ml減少し、超音波及び微酸性電解水の併用処理が効果的であることが判明した。

危害情報 危害情報5844・生物的危害 セレウス 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |