JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





酸性化次亜塩素酸ナトリウムを用いたアイスバーグレタスのパイロット-スケール工程における、Escherichia coli O157:H7の生存性に及ぼす有機酸添加の影響

データ
文献番号 6679
文献名 酸性化次亜塩素酸ナトリウムを用いたアイスバーグレタスのパイロット-スケール工程における、Escherichia coli O157:H7の生存性に及ぼす有機酸添加の影響
英文名 Impact of Organic Load on Escherichia coli O157:H7 Survival during Pilot-Scale Processing of Iceberg Lettuce with Acidified Sodi
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.77 No.10 (1669-1681)
掲載年 2014
著者 Davidson, Gordon R.; Kaminski, Chelsea N.; Ryser, Elliot T.
発行機関 International Association for Food Protection
概要

有機物が混入した次亜塩素酸ナトリウムベースの洗浄剤は、アイスバーグレタスにおける大腸菌O157:H7の除菌効果が減少する。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

有機物を含む次亜塩素酸ナトリウムベースの洗浄水では、有機物不含の同洗浄水と比較して、アイスバーグレタス(54 kg、パイロットスケール)における大腸菌O157:H7の除菌効果が低減したことから、洗浄水における有機物の混入を可能な限り回避する必要性があると考えられた。

危害情報 危害情報5939・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |