JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





電解水と軽い熱処理の組み合わせによる前処理は酸性電解水処理によるエビ中のVibrio parahaemolyticusに対する殺菌効果を高める

データ
文献番号 6653
文献名 電解水と軽い熱処理の組み合わせによる前処理は酸性電解水処理によるエビ中のVibrio parahaemolyticusに対する殺菌効果を高める
英文名 Combining basic electrolyzed water pretreatment and mild heat greatly enhanced the efficacy of acidic electrolyzed water against
雑誌名 Food Control Vol.23 No.2 (320-324)
掲載年 2012
著者 Jun Xie, Xiaohong Sun, Yingjie Pan, Yong Zhao
発行機関 Concepción Vidal-Valverde
概要

本研究ではエビ中のV. parahaemolyticus菌数を低減するため、2種類の電解水をもちいて温度、処理時間とともに処理方法を検討している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究ではエビ中のV. parahaemolyticus菌数を低減するため、電気分解後陽極側より得られる酸性電解水(AEW)と陰極側より得られる電解水(BEW)の2種類の電解水を用い殺菌法を検討している。電解水処理のみでは乳酸、酢酸(2%)処理よりやや効果が高いものの1log程度の殺菌能力しか得られていないが、50℃処理と組み合わせることで3log程度の低減効果、BEW-AEWと2段階で処理することにより高い低減効果があることを見出している。

危害情報 危害情報5579・生物的危害 腸炎ビブリオ 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |