JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





キトサンとイソチオシアン酸アリルを含有する抗菌剤でメロン全体をコーティングすることによるサルモネラ菌の不活性化

データ
文献番号 6644
文献名 キトサンとイソチオシアン酸アリルを含有する抗菌剤でメロン全体をコーティングすることによるサルモネラ菌の不活性化
英文名 Inactivation of Salmonella on whole cantaloupe by application of an antimicrobial coating containing chitosan and allyl isothioc
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.155 No.3 (165-170)
掲載年 2012
著者 Wenxuan Chen, Tony Z. Jin, Joshua B. Gurtler, David J. Geveke, Xuetong Fan
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

キトサン、イソチオシアン酸アリル、ナイシンによる抗菌剤をメロン全体に塗布し、サルモネラ菌に対する影響を調べた。その結果、キトサンにイソチオシアン酸アリルやナイシンを加えることで、抗菌活性の上昇が認められた。また、抗菌剤を塗布することによるメロンの外観や色への影響はなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"

危害情報 危害情報5570・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |