JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





冷凍食品におけるリステリア菌の増殖性に関する確率モデルの検証

データ
文献番号 6606
文献名 冷凍食品におけるリステリア菌の増殖性に関する確率モデルの検証
英文名 Validation of a stochastic modelling approach for Listeria monocytogenes growth in refrigerated foods
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.144 No.2 (236-242)
掲載年 2010
著者 Olivier Couvert, Anthony Pinon, Hélène Bergis, François Bourdichon, Frédéric Carlin, Marie Cornu, Catherine Denis, Nathalie Gnan
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

食品におけるリステリア菌汚染の状況を推定する確率モデルの検証を行った。人為的にリステリア菌に汚染させたチーズカードや燻製サーモンを冷蔵庫で保管し解析した結果、今回開発したモデルは食品中の微生物の挙動と一致を示すことが分かった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品におけるリステリア菌汚染の状況を推定する確率モデルの検証を行った。人為的にリステリア菌に汚染させたチーズカードや燻製サーモンを冷蔵庫で保管し解析した結果、今回開発したモデルは食品中の微生物の挙動と一致を示すことが分かった。この確率モデルを使用すれば、食品を保存している間にリステリア菌が、許容限界の100 CFU/gをこえる可能性を検証することが可能となる。

危害情報 危害情報5432・生物的危害 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |