JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





エビにおける総腸炎ビブリオおよび病原性腸炎ビブリオの迅速及び正確なreal-timePCR定量法

データ
文献番号 6601
文献名 エビにおける総腸炎ビブリオおよび病原性腸炎ビブリオの迅速及び正確なreal-timePCR定量法
英文名 Total and pathogenic Vibrio parahaemolyticus in shrimp: Fast and reliable quantification by real-time PCR
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.143 No.3 (190-197)
掲載年 2010
著者 A. Robert-Pillot, S. Copin, M. Gay, P. Malle, M.L. Quilici
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

本研究では水産物中の病原性腸炎ビブリオ、非病原性腸炎ビブリオをリアルタイムPCRを用いて検出する方法を検討し、短時間培養を組み合わせた方法により高感度に検出することに成功している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究で確立したリアルタイムPCR法により、腸炎ビブリオを迅速かつ正確に定量することが可能になった。また、37℃での6h培養を組み合わせることにより、5cfu/gまで検出が可能であり、検査時間も従来の1週間から2日へと大幅に短縮できた。本方法は食品工場などにおいて、腸炎ビブリオに汚染された水産物を迅速にスクリーニングすることが出来、安全な食品の供給にたいへん有用であると考えられる。

危害情報 危害情報5425・生物的危害 腸炎ビブリオ 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |