JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





鶏のムネひき肉を好気性条件下や真空包装およびガス置換包装で4℃で保存する際の、月桂樹(ローリエ)精油使用によるListeria monocytogenesの制御の検討

データ
文献番号 6594
文献名 鶏のムネひき肉を好気性条件下や真空包装およびガス置換包装で4℃で保存する際の、月桂樹(ローリエ)精油使用によるListeria monocytogenesの制御の検討
英文名 Control of Listeria monocytogenes in Ground Chicken Breast Meat under Aerobic,Vacuum and Modified Atmosphere Packaging Condition
雑誌名 Food Science and Technology Research:日本食品科学工学会英文誌 Vol.16 No.4 (285-290)
掲載年 2010
著者 Reyhan Irkin and Ozlem Kizilirmak Esmer
発行機関 (社)日本食品科学工学会
概要

鳩胸挽肉を4℃で保存する際の密封条件と月桂樹精油(0.5%のv/w)の添加併用効果を調査した。二酸化炭素20%/窒素80%混合ガス環境(MAP)でパックしたものは有意に微生物群の増殖が少なかった。また、真空パックあるいは月桂樹精油は大腸菌に対して有意に効果的であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏胸挽肉を4℃で保存する際の空気を含む密封、改質空気(MAP)(20%CO2/80%N2)を含む密封、真空密封包装の効果、およびそれらと月桂樹精油(0.5%のv/w)の添加併用効果を調査した。鶏肉に接種したリステリア菌AUFE 39237、大腸菌および総生菌数(TVC)を7日間モニターした。MAPでパックしたものは月桂樹精油の有無にかかわらず、有意に微生物群の増殖が少なかった(p<0.01)。また、大腸菌に対してはMAPに加え真空パックあるいは月桂樹精油は有意に効果的であった(p<0.01)。鶏肉の保存におけるMAPと一部の病原菌に対する真空包装の効果は、月桂樹精油で増強することが出来る。

危害情報 危害情報5417・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 食肉製品
危害情報5418・生物的危害 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |