JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ステンレス鋼に付着したタンパク質の定量評価における拭き取り法の操作条件と有効性

データ
文献番号 6585
文献名 ステンレス鋼に付着したタンパク質の定量評価における拭き取り法の操作条件と有効性
英文名 Operating Conditions and Availability of the Swab Method for the Quantitative Assay of Proteins Attached onto Stainless Steel
雑誌名 日本防菌防黴学会誌 Vol.38 No.4 (211-218)
掲載年 2010
著者 浦野博水, 福崎智司, 大村宏之
発行機関 日本防菌防黴学会
概要

ステンレス鋼に付着したタンパク質の拭き取り定量法における条件を検討した。ポリエチレン製スワブ棒を用い、0.1M NaOH 溶液で湿らせて80〜140mN の力で拭き取り、SDSを0.1%添加した0.1M NaOH 溶液で溶出しすることでタンパク質を97%の回収率で1〜700μg 範囲で定量出来た。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ステンレス鋼に付着した牛血清アルブミン(BSA)および卵アルブミン(EA)の拭き取り定量法における拭き取り条件を検討した。Lowry-Folin 法への影響が低いポリエチレン製スワブ棒を用い、0.1M NaOH 溶液で湿らせて80〜140mN の力で拭き取り操作を行った。サンプルはドデシル硫酸ナトリウムを0.1%添加した0.1M NaOH 溶液で溶出し、定量した。その結果、タンパク質を97%の回収率で1〜700μg 範囲で定量出来た。湿らせることはステンレス表面からのタンパク質拭き取りに必須であった。付着EAを40〜120℃で加熱した場合でも92%以上の回収出来た。以上の結果は高精度拭き取り法の基本と可能性を示している。

危害情報 危害情報5408・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |