JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ボローニャソーセージの包装工程で、オレンジ由来の食物繊維及びオレガノ精油を利用することによる消費期限への影響

データ
文献番号 6509
文献名 ボローニャソーセージの包装工程で、オレンジ由来の食物繊維及びオレガノ精油を利用することによる消費期限への影響
英文名 Effect of orange dietary fibre, oregano essential oil and packaging conditions on shelf-life of bologna sausages
雑誌名 Food Control Vol.21 No.4 (436-443)
掲載年 2010
著者 M. Viuda-Martos, Y. Ruiz-Navajas, J. Fernández-López, J.A. Pérez-Álvarez
発行機関 Concepción Vidal-Valverde
概要

ボローニャソーセージにオレンジ食物繊維(ODF; 1%)とオレガノ精油(OEO; 0.02%)を加え、真空包装後、4℃で24日間貯蔵した場合、TBA値、一般生菌数および乳酸菌数の上昇が抑制された。ODFとOEDを添加したサンプルの官能評価は、真空包装と含気包装で同様であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究ではボローニャソーセージの消費期限に及ぼすオレンジ食物繊維(ODF; 1%)とオレガノ精油(OEO; 0.02%)と貯蔵条件(真空包装、含気包装およびガス置換包装)の影響を検討した。ODFとOEDを加え、真空包装後、4℃で24日間貯蔵した場合、TBA値、一般生菌数および乳酸菌数の上昇が抑制された。ODFとOEDを添加したサンプルの官能評価は、真空包装と含気包装で同様であった。肉製品産業において消費期限を延長させる方法としてODFとODOは有望である。

危害情報 危害情報5448・生物的危害 該当なし 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |