JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





オレンジジュースに接種したYersinia enterocoliticaの生存率に対する有機酸、ナイシン、リゾチーム、EDTAの影響

データ
文献番号 6494
文献名 オレンジジュースに接種したYersinia enterocoliticaの生存率に対する有機酸、ナイシン、リゾチーム、EDTAの影響
英文名 Effects of Organic Acids, Nisin, Lyzozyme and EDTA on the Survival of Yersinia enterocolitica Population in Inoculated Orange Be
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.30 No.1 (24-39)
掲載年 2010
著者 Estrada C S M L Velázquez L D C Guzmán A M S D
発行機関 Wiley-Blackwell
概要

オレンジジュース中のYersinia enterocoliticaに対する各種薬剤の殺菌効果を調査した。その結果、有機酸添加で最も効果を示し、EDTAも単独又はナイシンやリゾチームとの混合で効果を示した。又、4℃保持では、全ての薬剤について25℃保持よりも効果が低かった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Yersinia enterocolitica汚染に対しては、熱処理が有効な対応手段であるが、近年、未殺菌飲料の市場が拡大してきており、Yersinia enterocoliticaへの熱処理以外の対応に対するニーズも高まってきている。本研究ではYersinia enterocoliticaを始め各種菌に効果があり且つ人体に悪影響を及ぼさない物質による、Yersinia enterocoliticaへの殺菌効果を確認し、HACCPにおけるCCP適用時の有効なデータ提示を行っていると考えらる。

危害情報 危害情報5224・生物的危害 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |