JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





野菜モデルにおける、Listeria monocytogenesへのエッセンシャルオイル処理、雰囲気ガスおよび貯蔵温度の影響

データ
文献番号 6468
文献名 野菜モデルにおける、Listeria monocytogenesへのエッセンシャルオイル処理、雰囲気ガスおよび貯蔵温度の影響
英文名 Effects of Essential Oil Treatment, Gas Atmosphere, and Storage Temperature on Listeria monocytogenes in a Model Vegetable Syste
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.72 No.6 (1209-1215)
掲載年 2009
著者 Scollard J Francis G A O\'Beirne D
発行機関 International Association for Food Protection
概要

野菜モデル寒天培地上のListeria monocytogenesに対し、オレガノおよびローズマリーのエッセンシャルオイルは強い抗菌性を示し、CO2および低温によりその効果は促進された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

野菜モデル寒天培地上のListeria monocytogenesに対し、オレガノおよびローズマリーのエッセンシャルオイルは強い抗菌性を示し、CO2および低温によりその効果は促進された。Listeria monocytogenesは非加熱喫食(Ready to Eat)食品を介してリステリア症を引き起こす恐れがあり、その制御法が期待される。生鮮食品では十分な殺菌が難しいため、本論文で示されているエッセンシャルオイルとガス置換の相乗効果はハードル技術として期待できる。

危害情報 危害情報5137・生物的危害 培地
危害情報5149・生物的危害 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |